靴底が剥がれた時は・・・・

レディースのブーツだけれど、メンズライクな形。
マーガレットハウエルのブーツ。

今回は何だったのかと言うと
靴底がガバッとと剥がれてしまっていたのです。

とはいえ、beforeを撮り忘れてしまったので
今イチどんな感じだったかはピンと来ないかもしれないけれど
先に進めます。

|靴底が剥がれたときは

一般的に靴底は接着オンリーのものと

底がしっかり縫い合わさっているもの

大きく2種類にわかれます。(釘で留めてる場合もあるけどここはパス)

当然縫い合わせている方が接着のものより剥がれにくい。
だけど女性ものは接着で仕上げられてるものが多いかなぁ〜。

このブーツも前者の接着のみだったけれど、今回修理するにあたって縫い合わせることに。

スポンサーリンク

 

_dsc5643

これが縫った後。縫いの方法や名前などは割愛します。

で、縫っただけでも勿論構わないのだけれどせっかくなので糸を保護する為に前半分にラバーを貼ることにします。

こうすることで、糸の保護と同時にソールも保護・補強できるため一石二鳥。

_dsc5668

 

_dsc5667

何事もなかったかのようにバッチリ。

今回の修理

アタッチハーフラバー(前半張り)¥3456
マッケイ縫い(¥1620)
リフトLサイズ(カカトのラバー)¥2700

計¥7776也

全て縫えるというものでもありません。靴に使われている素材や状態、形によっては
接着の方がいいという判断もあります。

何にせよ、ガバッと剥がれてたら!ご相談ください〜い

店主 拝

スポンサーリンク