現役で活躍中なアンティーク

アンティークは上手く付き合えばとても良い相棒

この鞄、骨董市かそういった場所で見つけて来たと仰っていたと思うのだけど確かに年代物の雰囲気。現代には中々ない形、作りであります。

革もののアンティークは劣化が激しかったりして、使える状態ではないものもある、というか多いくらいかもしれない。でも状態によっては、もしくは部分的に交換や補修をすることで日常的に使う事も夢ではありません。

というわけで、どんな状態だったかを見てみましょう。

 

Before

 

 

 

 

とまあ、このように全体的にステッチが切れてしまっていて、崩壊しそうなところまではいっていないけれど危ない状態です。

元々はミシンで縫われていたものですが、糸の太さと強度を考えて手縫いで縫い合わせていく事にしました。

 

スポンサーリンク

 

 

After

 

 

 

 

全体縫い合わされたおかげで、安心感のある鞄となりました。実はこの鞄、以前にショルダーのストラップを当店で交換しました。なので一番負担がかかるであろう部分も新しくなっていますので、これから安心して使えるかと思います。

 

アンティークは本当に様々ですので、飾るなら別として日常で使うのならばよくよく状態を見て判断しましょう。

でも使えるものならば、これはとてもいい相棒になる。人とはかぶらないし古い雰囲気が好きな人には堪らないはずです。

 

店主 拝

 

スポンサーリンク