ブリーフケースの背面ポケット、その裏地・・・

鞄で厚紙を芯地にしているのはよく見られるもの。

今回のブリーフケースはその厚紙がそのまま裏地として見えた状態であったのですが
紙(そもそも紙なのか?)だけに長年の使用で劣化しボロボロとなってしまったものです。

というわけで今回はいったんバラバラにしたうえで
新たな芯をプラスチック素材で作成し、更に他の部分の裏地に合わせ布を貼り合わせる事で
対処という流れです。

まずはバラバラになった状態から

スポンサーリンク

Before

 

背面一体を全て取っ払ってしまいます。

・パーツに分解し、元の芯をサイズを測って新たに作る。

・布地を貼る

・元に戻して縫い合わせ

・コバの処理をし直して

やっと完成になります。

 

他も時間かかりますけど、コバが何だかんだ時間かかってしまうのが難点。

 

 

このように仕上ります。

 

こういったしっかりした革のブリーフケースはやっぱ良いです☆

大事にしてきたんだなぁとよくわかる。

 

これからも活躍してくれる事を願っています。

 

店主 拝

 

スマホからのお問い合わせはこちらよりどうぞ

友だち追加

 

 

 

スポンサーリンク