G.MARINI /マリーニ ラスター交換

大分前にも出てきましたMARINI トップリフト交換
その後もあったのをUPしていた気でいましたが
していなかったので掲載しようと思います。

MARINIは1899年の創業でローマに店舗を構える注文靴店。
なんと驚きの117年、イタリア最古です。

伝統的な製法でとか、最高の品質とか品格とか
言葉で表そうと思うと何とも陳腐な表現しか思いつかず
そんな表現でこの靴を汚したくはないので
ひとまずbefore・afterいってみましょう。

|berore

_dsc5385

ノーズは短めでトゥスプリングも少なめで水平な印象を持ちます。

_dsc5386

ベベルドウェストと呼ばれるソールの土フマズを絞りこんだ注文靴に見られる作り。ウェルトがフマズに入るあたりから急激に細く薄くなっていてソールがそれを巻込むような形で処理されているものですね(見えないけど)。既製靴の丸くなっている土踏まずはこれを模したものです。

_dsc5387

元々は上の写真のようにレザーヒール。究極的にエレガントさとクラシックさを求めるとやはりラバーのないレザーヒールとなりますが、今回はラスターでの交換。

 

スポンサーリンク

 

 

それではafter

 

_dsc5406

 

_dsc5407

 

_dsc5409

前回と同様横から見た時になるべくラバーの面積が少なくなるよう加工。

写真を見返してみて、本当のクラシックというものを見れたなと思い出しました。注文靴というのは究極、上の極みでありますからそうそう手に出来るものでもないし限られた人へ開かれているものではあります。

ですが、上の極というのは絶対に無くなってはならない必要な存在です。これから未来を生きる世代で本物を知りたいと思う人が必ずいるであろうからです。僕自身多くは既製靴、ごく稀にこのように注文靴を見て触れて直してきましたので、色々と靴との関わり方を含め本物を知る前の段階、そのきっかけを作るところ、そこを担えるのではないかと思っています。

 

そしてオーダーまでいかずとも、自分の価値基準で選び、それを長く使いたい人のために、そういう人が増えていくように試行錯誤していく所存であります。

 

店主 拝

 

スポンサーリンク