RED WING /レッドウイングのバックル位置を変えてみる

さて、今日は少々変わり種とでもいいましょうか
拘りが強い方向けに。

靴とパンツのバランスって超重要でして、このバランス如何で雰囲気が
まるで違うってことになりかねないのですが、
パンツを履いたときにエンジニアのベルト位置がここに来て欲しいという
理想があるので今回の位置変更となったわけですネ。

エンジニアって元々鉄道機関士のためのブーツで、靴紐を用ない(巻込まれたら危険だから)
プルオンタイプのデザインですよね。
それだとどうしてもフィット感を得るには難しいので足の甲周りにストラップを配して、ブーツに
タックインしたズボンの裾をしっかりしめるために筒の上部にストラップがある。

おぉタックインするもんだったのかぁとちょっと驚き☆

現在ファッションアイテムとしてエンジニアを履くときは、ブーツインして履いている人も多いけど
裾に隠れていることが大体であります。(好みによるけれど)

で、その裾に覆われた状態だとベルト位置が高くてベルトまで隠れてしまう、もしくは細身のパンツに合わせると
ベルトが丁度裾部分にきて邪魔になるなどなど・・・・
そんなこんなでベルトの位置を変えたいという人は結構いるのです。

では、ひとまずどんな状態だったのか見てみましょう

スポンサーリンク

before

元々の高さは短めのパンツでない限りはだいたい隠れる位置です。

ではどのくらいまで下げたのか・・・・

after

 

このくらい。結構見た目変わりますね。

 

 

という感じになります。

 

限度はありますがベルトの位置を変えて裾からの見え方を変える

これも一つのカスタムと言えるでありましょう。

 

それとLINE@のアカウントを開設しましたので、事前のある程度の見積もり(実際に見ないと完全なのは出せませんが)や、こんな修理やカスタムができるのかなど何でも構いませんのでお気軽にメッセージください。

 

友だち追加

 

それでは、また 店主 拝

 

スポンサーリンク