靴底に穴あいてませんか?

今日はクロケット&ジョーンズのキャップトゥ。

レザーでのソール交換です。

 

 

スポンサーリンク

 

ソールの交換とカウンターライニング(カカトの内側の革)の

修理で17280円。

底も一新でき、カウンターも補強したので

また大事に使っていく事ができます。

 

こうしてソール交換などを施すと必然的に

値段は高くなっていくわけですが

何万円ともなると

高いと感じるか安いと感じるか

人によって反応は様々。

 

ただ、

新しく買うよりは安いから直す

もしくは

修理にこれだけかかるなら新しく買った方がいい

という判断基準も大事だし、それでも捨てるという

選択肢より全然いいと思うのだけれど

何よりもいいなと思うのが

それを直してでも履きたいと思っている事。

限度があるからいくらかかってもいいとは言えないと思いますが

買った値段どうこうではなく適宜なタイミングで

直しながら履いて、そして馴染んでいる。

そんな靴と持ち主の関係を見る度に

「素晴らしいなぁ」と思ってしまう。

 

そして、直したいと思えるという事は

そう思えるだけの靴に出会っているという事でもあります。

 

そんな靴を直していきたいですし

作っていきたい。

 

そう思うこの頃。

 

店主 拝

 

 

スポンサーリンク