RED WING 2268 CUSTOM

バイクに乗る時のブーツ。

これはかなり頑丈な作りとタフな革が使われている
ワークブーツを愛用する人が多いと思う。

ただ、どんなにタフな革や作りであっても
どうしても起こるのが・・・・・・

シフトチェンジをする箇所にキズがつくこと。

今回Beforeを取り忘れてしまったのだけれど
当該箇所に完全に穴が開いていた。

この場合取れる方法はいくつかあって

一つはシフトチェンジで当たる箇所にだけ当て革をし
保護すること。それもソールをバラさずに
縫える箇所まで縫うのみに留めるか
バラして完全に縫い留めるか。

もう一つはつま先部分を完全に革で覆い
CAPを作ってしまうか。

今回はお客さんの希望で後者になった。
これは当然バラす必要があって
ウェルトまで取り払わなければいけない。
そしてこのブーツのオリジナルの木型が
ない状態で釣り込まなければいけない(ここが一番大変!)
とても大がかりな修理となるけれど、
ソールも換えるタイミングに来ていたのでちょうどよかったのだ。

スポンサーリンク

ソールは430の3mmシングルミッドでオリジナルに近い雰囲気で。

エンジニアにCAP TOEってあまり見ない仕様
だけれどいい雰囲気に収まったでしょう?

こんな方法もあるのです。

オーナーの思いと、ブーツの思いが重なって
人馬一体ならぬ
持ち主とブーツが一体となることで今回のカスタムは完成!

これこそ正に

既製品であろうとも、どんなものであろうと
大事に使いながら、自分だけのアジを加えていって
世界でただ一つだけのものになっていく良い例ではないかな。

なんて事を考えながら今日も、

誰かの思い入れのある革製品を
直していこうかな。

店主 拝